Cordusio-1000pix-02

名誉副会頭挨拶

雨宮 雄治

在ミラノ日本国総領事館総領事
在イタリア日本商工会議所 名誉副会頭

amamiya

4月上旬に在ミラノ日本国総領事として着任いたしました。今般,在イタリア日本商工会議所から名誉副会頭職就任のご案内を頂き中津川前副会頭の後を襲いました。

この3か月間足らずの経験ですが,定例理事会への出席,プント・ディ・インコントロ(サンマリノ共和国)への参加等を通じて,在イタリア日本商工会議所の会員企業の皆様が,本業のビジネスのみならず,学術・文化交流をはじめ様々な形で日・イタリア両国関係の発展のために大変な尽力をされていることを垣間見,大変な感銘を受けております。

日本とイタリアとの関係は,G7のパートナーとして従来から密接な関係を有していますが,近年の日本イタリア国交150周年,ミラノ万博,日・EU・EPAの交渉妥結といったイベントを通じて,今,更なる関係発展に向け絶好のチャンスを迎えています。

在ミラノ総領事館管轄区域である北イタリア8州には,イタリア進出日系企業の大部分(イタリア全体で約270社中の約210社)が進出しています。特に,ミラノはイタリアの工業,商業及び金融の中心地であり,ミラノ大都市圏には約3,500人が在住しています。在ミラノ日本国総領事館は,今般発足したイタリア新政府の下での北イタリアを中心とした政治・経済情勢の的確な把握に努め,在イタリア日本国大使館ととともに,在イタリア日本商工会議所との情報の共有を図り,その活動を支援していきたいと考えております。

総領事公邸で開催する在イタリア日本商工会議所の普通会員とイタリア企業を中心とした賛助会員との交流会は本年で3度目となりますが,そのような機会を通じて,会員の皆様のビジネス機会の発掘と,親日派・知日派の育成に取り組みたい所存です。その観点から,賛助会員の増加,積極的な活動参加の確保は重要と考えます。

最後に,在留邦人の皆様(イタリア全体の在留邦人数は約14,100人で,その半数を超える約7,600人の方々が北イタリアに在留されております)が安心して当地に滞在することができるよう、領事サービスの提供にも一層努めていく所存です。

皆様と様々な機会にお会いできることを楽しみにしております。

2018年7月

Camera di Commercio e Industria Giapponese in Italia